MENU
登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

[広告費をかける?口コミを待つ?]学習塾開業後の生徒集客戦略 2選

サラリーマン

塾を開業した後、生徒集客のための広告費はしっかりお金をかけるべきなのでしょうか。
お金をかけたはいいものの、全然生徒が集まらなければ意味がないですよね?

だからと言って開業時はしっかり宣伝しないと、勝手に生徒が集まるわけではないし……。

クロ塾長

生徒集客の戦略は、基本的に2択です。

①広告費をしっかりかけて一気に集客する。

②広告費はほとんどかけずに地道に生徒が集まるのを待つ。
①も②も、状況によって正解にも不正解にもなりえます。

こんにちは、クロ塾長です。



ということで今回は、「[広告費をかける?口コミを待つ?]学習塾開業後の生徒集客戦略 2選」について書きたいと思います。



この記事を読むことで、こんなことが分かるようになります。

(結論)
1. 短期決戦で勝負するなら、広告費にしっかりお金を使う。

2. 長期戦で徐々に生徒を集めるなら、広告費にはお金をかけず、生徒が集まるまでの固定費のためにお金を残しておく。

3. 広告費にお金をかけてもかけなくても、資金が枯渇する前に撤退できるよう、あらかじめシミュレーションしておく。

目次

1.短期決戦で勝負するなら、広告費にしっかりお金を使う

学習塾開業後の生徒集客戦略1つめは「短期決戦で勝負するなら、広告費にしっかりお金を使う」です。

・webサイト・チラシのデザイン・制作をプロの業者に依頼する

まずは広告(webサイト・チラシ)のデザインをいいものにするために、お金を払ってプロの業者に作成を依頼します。



webサイトは制作にかかる費用が数十万〜百万円以上と幅広いですが、予算と相談しながらできるだけ見栄えのいいものにしましょう。




チラシのデザインは、学習塾のチラシデザインを手掛けたことのあるデザイナーに依頼するのが◯です。

・新聞の折込チラシを依頼する

チラシのデザインができたら、印刷業者に印刷を依頼します。



印刷されたチラシが納品されたら、次は新聞の折込チラシを依頼しましょう。



地域によりますが、A4普通紙なら1枚あたり約4円〜くらいで配布してもらえます。

・Google広告を利用する

「地域名 + 学習塾」などでインターネット検索したときに、最上位表示されるのは「広告」と「Googleマップでのその地域の学習塾」です。



Googleマップで自分の教室が検索表示されるためには、Googleビジネスプロフィールに登録しておかなければなりません。



Googleビジネスプロフィールに登録し、さらにGoogle広告を申し込むことで、インターネット検索で自分の教室のwebサイトや、Googleビジネスプロフィールに登録した情報が上位表示されるようになります。

2.長期戦で徐々に生徒を集めるなら、広告費にはお金をかけない

学習塾開業後の生徒集客戦略2つめは「長期戦で徐々に生徒を集めるなら、広告費にはお金をかけない」です。

・webサイト・チラシのデザイン・制作は自分でやる

広告費にお金をかけないとなると、webサイトやチラシのデザイン・制作は自分で行うことになります。



もちろんプロの業者に依頼した時と比べて、デザインの質は下がります。



しかし、webサイト・チラシのデザイン・制作を自分で行うことで、100万円以上の節約になるのです。



また、自分でwebサイト・チラシのデザイン・制作をすると、「デザインを変更したいときにはいつでも自分で手直しできる」というメリットが生まれます。



webサイト・チラシのデザイン・制作をプロに依頼すると、その後デザインの変更をする度にお金がかかります。

・チラシの印刷・ポスティングを自分で行う

広告費にお金をかけないために、チラシの印刷・ポスティングは自分で行います。



ある程度高機能なプリンタ複合機を購入すれば、印刷スピードも速いため、チラシの大量印刷にも対応できます。



ポスティングは塾の営業時間外(朝・夜)に、運動ついでに毎日1~2時間行うといいでしょう。

・Googleビジネスプロフィールを無料の範囲で活用する

広告費にお金をかけないために、Googleビジネスプロフィールを無料の範囲で活用しましょう。



Googleビジネスプロフィールは登録するだけなら無料です。



Googleビジネスプロフィールに登録すると、「地域名 + 学習塾」などでインターネット検索したときに、Googleマップ上に表示されます。


もちろんGoogle広告を利用している塾が優先的に表示されますが、それでも全く表示されないわけではありません。



「地域名 + 学習塾」などでインターネット検索したときに、一番はじめには目につかないかもしれませんが、少し探せば自分の塾の情報が出てくる、という状態になるだけで十分に広告効果はあります。

おすすめ記事

3.資金が枯渇する前に撤退できるよう、あらかじめシミュレーションしておく

生徒集客戦略を考える上で大事なことは「資金が枯渇する前に撤退できるよう、あらかじめシミュレーションしておく」ということです。

・「塾事業撤退〜再就職する」までの費用を残しておく

広告にお金をかけるにせよかけないにせよ、事業が上手く回らなかった場合に備えて、「塾事業撤退〜再就職する」までの費用を残しておかなければなりません。



塾事業を撤退するときは、教室物件を退去する申し出を退去の数ヶ月前に大家さんにしなければなりません。



ということは、少なくとも塾事業を撤退する決断をしてから数ヶ月間は、教室家賃などがかかり続けるということになります。



また、その間の生活費や、新しく仕事を見つけて再就職するまでの生活費も残しておくことも忘れないでください。

・開業してから2年は営業を続けられるようにする

広告費を含めた開業資金は、少なくとも「開業してから2年間は塾の営業を続けられる」くらいの金額を用意しましょう。



2年間営業を続けることができれば、その塾の提供する教育サービスがいいものであれば、いずれは口コミによって生徒は集まります。



しかし半年や1年くらいでは、地域周辺のライバル塾の状況やタイミングによっては、本当にいい教育サービスを提供していたとしても、十分に生徒が集まらないこともあります。



開業資金には限りがありますから、「2年間はどんなことがあっても営業を続けられる」という予算配分で、広告費にいくら使うかを決定することが望ましいです。

・開業後2年で生徒が集まらなければ「サービスの質」を疑う

少し厳しい意見になるかもしれませんが、開業してから2年経っても生徒が集まらなければ、自分の塾が提供する「サービスの質」を疑いましょう。



2年間も営業を続けていれば、少なからず問い合わせてくれたご家庭や体験授業を受けてくれた生徒、実際に入塾してくれたご家庭がいたはずです。



そうした生徒・保護者の期待に応えたり、期待を超える教育サービスを提供できていたならば、口コミによって少しずつでも生徒数は増加し続けたことでしょう。



しかし、2年営業を続けてそうした状態にならなかったということは、自分の塾が提供する教育サービスに顧客が十分満足できなかった、ということです。



2年営業を続けても利益が十分に出ていない場合は、一度塾を閉校して再度出直すか、提供する教育サービスを大幅にリニューアルするか、どちらかを選択しましょう。

4.まとめ

今回のまとめです。

1. 短期決戦で勝負するなら、広告費にしっかりお金を使う。

2. 長期戦で徐々に生徒を集めるなら、広告費にはお金をかけず、生徒が集まるまでの固定費のためにお金を残しておく。

3. 広告費にお金をかけてもかけなくても、資金が枯渇する前に撤退できるよう、あらかじめシミュレーションしておく。

クロ塾長

広告費をかけて一気に生徒を集客しても、広告費をかけずに少しずつ生徒を集めるにしても、長期的に生徒が集まり続けるようにするには、結局「サービスの質」が重要です。
入塾してくれたご家庭が「この塾に通ってよかった」と思えるように、高品質な教育サービスを提供していきましょう。

今回の記事が少しでも読者の皆さんのお役になれば幸いです。



それではまた。

登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次