MENU
登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

[塾を開業するならどっち?]フランチャイズ塾への加盟に向いてる人・向いていない人

サラリーマン

学習塾を開業しようと思っていますが、自分オリジナルの個人塾として開業するのか、はたまたフランチャイズ加盟して塾を開業するのか、本当に迷っています。
フランチャイズ塾加盟に向いてる人と向いていない人の違いを教えてください。

クロ塾長

個人塾かフランチャイズ塾かというのは、塾を開業するときに誰もが悩む、究極の選択です。
しかし開業する人によって、フランチャイズ加盟に向いてる人、個人塾開業に向いてる人というのは、はっきりと分かれます。

こんにちは、クロ塾長です。



ということで今回は、「[塾を開業するならどっち?]フランチャイズ加盟に向いてる人・向いていない人」について書きたいと思います。



この記事を読むことで、こんなことが分かるようになります。

(結論)
1. フランチャイズ加盟に向いてる人は、

・ある程度資金に余裕のある人
・「塾」の仕事そのものよりも「ビジネス」に興味がある人
・自分のやりたいことよりも、他者の成功ノウハウに沿って実践できる人

2. フランチャイズ加盟に向いていない人は、

・少しでも初期費用や経費を抑えて開業したい人
・自分にとって理想の教育サービスを作りたい人
・世の中の変化に合わせてサービス内容を変えていきたい人

3. フランチャイズ加盟するときに大切なことは、

・加盟先の本部の理念・方針に100%共感できること
・初期費用を何年で回収できるかを把握しておくこと
・契約内容を完全に理解し、自分にとって致命的に不利な契約をしないこと

目次

1.フランチャイズ加盟に向いてる人は?

まずはじめに「フランチャイズ加盟に向いてる人」の特徴をご紹介します。

・ある程度資金に余裕のある人

フランチャイズ塾に加盟して塾を開業する場合、開校時に加盟金(300万円前後)を、開校後にロイヤリティ(毎月売上の10%前後)を支払わなければなりません。



また、教室物件の規模もある程度の大きさを指定されたり、広告費なども数百万円かけるよう、本部から指示されます。



そのためフランチャイズ塾に加盟するのは、ある程度資金に余裕のある人が塾を開業するのに向いている方法といえます。

おすすめ記事

・「塾」の仕事そのものよりも「ビジネス」に興味がある人

フランチャイズ塾に加盟して塾を開業すると、「小さなところからコツコツと」というより、「できるだけ早く生徒集客して利益が出るようにする」というビジネスの視点で運営していかなればなりません。



これは、自分の塾の売上の一部がロイヤリティとして加盟先の本部の売上につながることもあり、フランチャイズ本部としても加盟した教室の売上をできるだけ早く最大化させたい、という思惑があるからです。



また、できるだけ早く売上を大きくして利益を出さないと、塾オーナーが加盟金や広告費などの初期費用の回収ができない、という状態が続いてしまいます。



そうした点から、「これはビジネスなんだ」と割りきって、とにもかくにも生徒集客・売上の最大化を追求できる人が、フランチャイズ塾加盟には向いているといえます。

・自分のやりたいことよりも、他者の成功ノウハウに沿って実践できる

フランチャイズに加盟して塾を開業すると、

経営者

授業形態と価格が地域に合ってないから、変更しようかな。

と思っても、基本的に変更することは許されません。



なぜなら、フランチャイズ本部が打ち出している授業形態や価格は、ブランドの大切な一部だからです。



加盟したオーナーが好き勝手に授業形態や価格を変更してしまうと、最悪の場合フランチャイズのブランドに傷がつくことにもつながります。



オーナーである自分が「こうしたい」と思うことよりも、フランチャイズ本部の成功ノウハウを信じて営業を続けられる人が、フランチャイズに加盟する最低限の条件だといえます。

2.フランチャイズ加盟に向いていない人は?

次は「フランチャイズ加盟に向いていない人」の特徴をご紹介します。

・少しでも初期費用や経費を抑えて開業したい人

フランチャイズに加盟して塾を開業するには、開業時に数百万円の加盟金を支払ったり、開業後も売上の10%前後のロイヤリティを支払い続けなければなりません。

経営者

そんなお金、用意できません……。

という方は、「フランチャイズ加盟に向いていない人」です。



少しでも初期費用や経費を抑えて開業したい人は、自分の予算に合った規模の個人塾を開業するのがいいでしょう。

・自分にとって理想の教育サービスを作りたい人

大手塾出身の方や学校の先生をやっていた方であれば、

経営者

自分にとって理想の教育サービスを作るんだ!

という強い想いを持って、塾を開業する人も多いでしょう。



そんな方は、とことんまで自分の理想とする教育サービスを追求するために、フランチャイズに加盟せずに独自の個人塾を開業すべきです。



フランチャイズに加盟して塾を開業すると、指導形態・料金設定などありとあらゆるものに制約ができてしまうため、自分の理想通りの教育サービスが提供できなくなってしまいます。

・世の中の変化に合わせてサービス内容を変えていきたい人

世の中というのは、絶えず変化していきます。



2020年のコロナショックのような急激な変化が起こったときは、その状況に合わせて事業内容も対応させなくては生き残っていけません。



しかしフランチャイズに加盟して塾を開業すると、フランチャイズ本部の指示がない限り、塾オーナー自身が勝手に判断してサービス内容などを変えることはできません。



もちろんフランチャイズ本部も全加盟教室のことを総合的に判断して、できる限り迅速に対応の指示を出すでしょう。



しかし個々の教室に合わせた対応というよりは、加盟先の全教室に通用する対応になるため、

経営者

ウチの教室は、もっと別の対応が必要なんだけどな……。

と不満に思ったとしても、塾オーナーの判断で独自の対応をすることはできません。



世の中の状況を見て、迅速に判断し、独自の対応をしていきたい人は、フランチャイズに加盟しない方がいいでしょう。

おすすめ記事

3.フランチャイズ加盟するときに大切なことは?

続いては「フランチャイズ加盟するときに大切なこと」についてです。

・加盟先の本部の理念・方針に100%共感できること

まず大切なのは「加盟先の本部の理念・方針に100%共感できること」です。



少しでも本部の理念や方針に共感できない部分があると、塾の営業を続けていくうちに、それが大きな不満に変わっていきます。



フランチャイズに加盟した後で、「ここに加盟しなければよかった」と後悔しても、契約を交わしてしまった以上は後戻りできません。



そんなことにならないように、「自分はこのフランチャイズ本部の理念・方針に100%共感できているだろうか?」と、念入りに何度も検討を重ねることが重要です。

・初期費用を何年で回収できるかを把握しておくこと

現実的な面で大切なのが「初期費用を何年で回収できるかを把握しておくこと」です。



毎月ロイヤリティ(売上の10%程度)を支払いながら、加盟金を含めた初期費用をどれだけの期間で回収できるのかを、きちんとシミュレーションしておきましょう。



もしも初期費用を2年以内に全て回収したいと思っているのに、そこのフランチャイズに加盟した場合は5年~10年もかかるとします。



その場合、自分が想定する期間よりも大幅に時間がかかるため、そのフランチャイズに加盟するのはやめておきましょう。

・契約内容を完全に理解し、自分にとって致命的に不利な契約をしないこと

いよいよ契約、というときに大切なことが「契約内容を完全に理解し、自分にとって致命的に不利な契約をしないこと」です。



契約書はフランチャイズ本部が作成してくるため、基本的には本部にとって有利な内容であることは仕方ありません。



しかし、どう考えても塾オーナーにとって不利な、それも致命的な契約内容が1文でもあれば、絶対に契約してはいけません。



契約書はすみからすみまで目を通し、納得のいかない内容があれば、本部担当者と交渉するようにしましょう。

4.まとめ

今回のまとめです。

1. フランチャイズ加盟に向いてる人は、

・ある程度資金に余裕のある人
・「塾」の仕事そのものよりも「ビジネス」に興味がある人
・自分のやりたいことよりも、他者の成功ノウハウに沿って実践できる人

2. フランチャイズ加盟に向いていない人は、

・少しでも初期費用や経費を抑えて開業したい人
・自分にとって理想の教育サービスを作りたい人
・世の中の変化に合わせてサービス内容を変えていきたい人

3. フランチャイズ加盟するときに大切なことは、

・加盟先の本部の理念・方針に100%共感できること
・初期費用を何年で回収できるかを把握しておくこと
・契約内容を完全に理解し、自分にとって致命的に不利な契約をしないこと

クロ塾長

自分のイメージしている塾開業の仕方が、フランチャイズ加盟に向いているのかどうか、じっくりと考えてから判断することが大切ですね。

今回の記事が少しでも読者の皆さんのお役になれば幸いです。



それではまた。

登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次