MENU
登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

[現役の個人塾オーナーが解説します]個人塾を開業する手順は?

サラリーマン

現在サラリーマンですが、独立して個人塾を開業しようと考えています。
塾を開業する具体的な手順を知りたいのですが、教えてもらえますか?

クロ塾長

分かりました。
塾を開業するまでの手順はかなり多いのですが、できるだけ分かりやすく解説したいと思います。

こんにちは、クロ塾長です。



ということで今回は、「[現役の個人塾オーナーが解説します]個人塾を開業する手順は?」について書きたいと思います。



この記事を読むことで、こんなことが分かるようになります。

(結論)個人塾を開業する手順は、

1. まずは会社をやめる前に開業資金・事業計画書・デザインスキルを整えておく。

2. 自分の希望に合う教室物件・住居用物件をじっくり探して見つける。

3. 会社と役所に必要書類を提出する。

4.事業計画書に沿って教室の内装・外装工事や備品の購入、広告宣伝をしていく。

目次

1.まずは会社をやめる前に開業資金・事業計画書・デザインスキルを整えておく

個人塾を開業する手順1つめは「まずは会社をやめる前に開業資金・事業計画書・デザインスキルを整えておく」です。

・開業資金を貯める

塾を開業するには、何といっても「お金」がなければ始まりません。



まずはしっかりと開業資金を貯金しましょう。

おすすめ記事

・事業計画書を作る

「事業計画書」と聞くと、何か型式ばったお堅い書類のように感じられますが、特に型式などは気にしなくて構いません。



要は、

  • 塾の名前・指導形態・料金・授業日程などのサービス内容の詳細
  • 教室物件の家賃・光熱費、人件費などの経費をどれくらいで想定するか
  • 開業時にどれくらい資金が必要か
  • 開業後にどれくらいの生徒数・講座数で損益分岐点を突破するか
  • 開業後にうまく生徒が集まらず資金が流出し続けた場合、資金残高がどのくらいになれば撤退するのか

などをシミュレーションしておけばいいのです。




こうした事業計画書を作っていく中で、「料金はこのくらいで生徒がこれだけ集まれば利益が出始めるな」とか、「開業時にこれだけ費用がかかって、撤退するときにはまたこれだけ費用が必要なのか」などの詳細が分かってきます。



実際に塾を開業するともちろんシミュレーション通りにいかないことは多々ありますが、それでも無計画に行き当たりばったりで起業するよりははるかに成功率は上がります。

・ホームページや看板・チラシのデザインスキルをある程度身につけておく

できるだけ低コストで塾を開業する場合、ホームページや看板・チラシのデザインスキルをある程度身につけておくことをおすすめします。



ホームページは自分で制作すれば初期費用は数千円、毎月かかる費用は千円程度で済みます。



しかし、業者に依頼すると初期費用で数十万〜百数十万円、毎月の管理費用で数万円もかかります。



ホームページも看板・チラシも、はじめから自分でデザインしてしまえば、変更したくなったときにすぐに変更できます。



デザインスキルを身につけるには少々時間がかかりますが、会社勤めの段階で身につけておくと後々助かります。

2.自分の希望に合う教室物件・住居用物件をじっくり探して見つける

個人塾を開業する手順2つめは「自分の希望に合う教室物件・住居用物件をじっくり探して見つける」です。

・教室物件の家賃は月々10万円以内を目安に

できるだけ少ない生徒数でも損益分岐点を超えるようにするためには、教室物件の家賃をおさえることが重要です。



目安としては月々10万円以内の家賃です。



これくらいの家賃であれば、生徒数が比較的少数でも利益が出始めるため、塾経営のハードルは下がります。

おすすめ記事

・居抜きでそのまま使える物件を探す

塾開業の初期費用をおさえるために1番手っ取り早い方法は、内装に手を加える必要のない「居抜き物件」を選ぶことです。



コンクリートむき出しの「スケルトン」物件は、資金に余裕のある大手企業には適していますが、できるだけ初期コストをおさえたい個人事業主には不向きです。



例え以前入っていたテナントが塾でなくても、事務所やアパレルショップなどであれば居抜きでそのまま塾として使えることもあります。



内装費は数十万〜数百万円かかることもあるので、そうした費用を浮かすためにも居抜き物件を根気強く探しましょう。

・独身なら住居は月々3~4万円くらいで探す

独身なら住居は月々3~4万円くらいで探しましょう。



首都圏や地方都市圏でも、しっかり探せば1人暮らし用の1Rマンションやアパートで家賃が月々3万円台のものはいくらでも出てきます。



これまで家賃にお金をかけていた人も「塾の経営が軌道に乗るまでの間の辛抱だ」と思って、塾の開業時はそうした住居用物件を選ぶようにしましょう。



「住めば都」というように、一度住んでみると意外に快適に感じるようになるものです。



作成した事業計画書にピッタリ合う教室物件と住居用物件を探し当てたら、さらに細部を交渉した後に(ここが一番勇気のいる場面ですが)即契約します。

おすすめ記事

3.会社と役所に必要書類を提出する

個人塾を開業する手順3つめは「会社と役所に必要書類を提出する」です。

・会社に退職届を提出する

事業計画書を完成させて塾事業の詳細が決まり、気に入った教室・住居用物件を見つけたら、まずは勤め先に「退職届」を提出します。



退職届を提出するのは退職希望日の1ヶ月〜2週間前が一般的ですが、基本的には社内規定に定められた期間に提出するのをおすすめします。



有給休暇が残っている人は、退職するまでにしっかりと消化しましょう。


クロ塾長

私も有給休暇は約2ヶ月分残っていたので、その期間にかなり開業準備を進めることができました。

きれいに退職して、正々堂々と有給休暇を消化できるようにするといいですね。

・役所で国保・国民年金の切り替え手続きをする

次に市区町村役場の健康保険窓口にて国保(国民健康保険)への切り替えを申請、同じく市区町村役場の国民年金窓口にて国民年金の切り替えを行います。




どちらも手続き期限は退職日の翌日から14日以内ですから、退職後早めに役所で手続きしましょう。



・税務署に開業届を提出する

塾を開業してから1ヶ月以内に、管轄の税務署に「開業届」を提出します。




「どの状態になれば開業したことになるのか?」が少し曖昧ですが、よければ以下を参考にしてください。

おすすめ記事




4.事業計画書に沿って教室の内装・外装工事や備品の購入、広告宣伝をしていく

個人塾を開業する手順4つめは「事業計画書に沿って教室の内装・外装工事や備品の購入、広告宣伝をしていく」です。

・業者に内装・外装工事を依頼する

教室物件の賃貸契約をし、教室内が空っぽの状態でまずすべきことは「教室の内装・外装工事をする」ことです。



自分でできることはなるべく自分でやった方がコストもかかりませんが、そうでないところはためらわず業者に依頼しましょう。



業者は必ず2社以上から見積もりしてもらうようにし、価格も含めて信頼できるところに依頼するといいでしょう。

・教室備品を購入する

教室の内装・外装工事が終わったら、教室備品・什器を購入していきます。



ホワイトボードは少し高額でも暗線入りのものを買うことをおすすめします。

おすすめ記事

・教材会社に連絡し、教材見本を見せてもらう

次に塾用教材を決めていきます。



塾用教材を選択する際は必ず、各教材会社に連絡して教材見本を持ってきてもらいましょう。



教材は一度採用すると講師も生徒もその教材に慣れてしまうため、なかなか変更ができません。



直接自分の目でしっかりと内容を確認し、慎重に選ぶようにしてください。

おすすめ記事

・看板・チラシ・ホームページの制作をする

続いて(というか同時並行で)看板やチラシ、ホームページの制作に取りかかります。



「看板」というのは、窓ガラス部分に室内側からラミネート加工したものを貼りつけるタイプのことを指しています。



塾のロゴやキャッチフレーズなど、看板・チラシ・ホームページに共通して使用するものが多くあります。



看板・チラシ・ホームページを作りながら「どういう塾にしていきたいのか」をさらに明確にしていきましょう。

まとめ

今回のまとめです。

(結論)個人塾を開業する手順は、

1. まずは会社をやめる前に開業資金・事業計画書・デザインスキルを整えておく。

2. 自分の希望に合う教室物件・住居用物件をじっくり探して見つける。

3. 会社と役所に必要書類を提出する。

4.事業計画書に沿って教室の内装・外装工事や備品の購入、広告宣伝をしていく。

クロ塾長

塾を開業するまでの手順はイメージできましたか?
少しでも参考になれば幸いです。

それではまた。

登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次