MENU
登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

[個人事業として最適なビジネスモデル]はじめて事業を作るのに個人塾がオススメな理由 3選

サラリーマン

これから起業しようと思っていますが、事業内容はまだ決めていません。

はじめての起業に向いている事業は何かありますか。

クロ塾長

はじめて事業を起こすなら、いきなり大成功を狙うよりも、できるだけ失敗しにくいビジネスモデルを選ぶといいですね。

そうした観点からすると、「個人塾」という事業形態ははじめて起業する方にピッタリではないでしょうか。

こんにちは、クロ塾長です。



ということで今回は、「[個人事業として最適なビジネスモデル]はじめて事業を作るのに個人塾がオススメな理由 3選」について書きたいと思います。



この記事を読むことで、こんなことが分かるようになります。

(結論)

はじめて事業を作るのに個人塾がオススメな理由は、

1. 小さく始めることができるから

2. 「子どもの学習に対する悩み」はなくならず、常に一定のニーズがあるから

3. 拘束時間が限られていて、次の新規事業に取りかかりやすいから

目次

1.小さく始めることができるから

はじめて事業を作るのに個人塾がオススメな理由の1つめは、「小さく始めることができるから」です。

・商売の基本は「小さく始めて大きく育てる」

商売の基本は「小さく始めて大きく育てる」です。



現在の首都圏や地方都市圏に数多くある大手塾も、1教室目は6畳1間のアパートで個人塾からスタートした、というところも珍しくありません。



塾事業を小さく始めるとなると、初期費用も数十万円くらいの少額から始めることができます。

・家賃をおさえて自分で教える


塾ビジネスにおいての2大経費は「教室家賃」と「人件費」であり、この2つをいかにおさえるかが経営のポイントになります。



まず「人件費」ですが、自分一人で教えれば他に人件費はかからないので、はじめのうちは自分一人で教えましょう。



続いて「教室家賃」については、最初の教室物件選びの段階でできるだけ家賃の低い物件を選んでおきます。



そうしておけば、ネックとなる毎月の家賃に苦しめられずにすみます。

・営業時間外はアルバイトする

塾ビジネスを小さく始めれば、営業時間外にアルバイトすることでキャッシュフローを改善させることができます。



教室家賃をおさえて自分一人で教えれば、生徒が数人集まれば損益分岐点に到達する、というくらいの状態になります。



塾の営業時間帯は大体16:00~22:00くらいなので、それ以外の時間にコンビニなどでアルバイトをすることができます。



塾の営業時間外にそうしたアルバイトをすれば、生徒が集まって損益分岐点を十分超えるまでの貴重な収入源になります。



またそうした収入源があることで精神的にも支えられ、焦らずに塾の経営と向き合うことができるようになります。

2.「子どもの学習に対する悩み」はなくならず、常に一定のニーズがあるから

はじめて事業を作るのに個人塾がオススメな理由の2つめは、「『子どもの学習に対する悩み』はなくならず、常に一定のニーズがあるから」です。

・少子化でも教育にかける費用の総額は下がっていない

現在の日本は少子高齢化が進んでいて、今後も日本の子どもの数は減少していきます。



しかし、一方で子ども1人あたりにかける塾・習い事の費用は年々増加しています。


少子化でも教育にかける費用の総額はほとんど下がっていないのです。

・高価格・高品質の教育サービスが求められている

子ども1人あたりにかける塾・習い事の費用が増加しているということは、要するに「高価格でも高品質な教育サービスが求められている」ということです。

サラリーマン

価格を高く設定するということは、それだけ専門的な授業をする必要がありますよね。

塾講師の仕事が未経験だとそれはできないんじゃ……。

確かに大手塾の個別指導と比べても高価格な授業料で、大手塾と同じような授業を提供しても勝ち目はありません。



そうではなく、「価格はほどほどでも、価格以上のきめ細やかな授業」を提供するのです。

・大手塾の手が届かない、きめ細やかなサービスを提供する

大手塾の個別指導で教えているのは、ほとんどが大学生のアルバイト講師です。



正社員講師が教える場合もありますが、コマ数は極めて少ないです。



ということは、授業の品質についてはそうした大学生のアルバイト講師に負けなければいいのです。



また大手塾は莫大な広告費や上層部の高額な給与を支払うために、結果として授業品質の割に授業料が高額になっています。



個人塾の場合、そうした余計な広告費などをかけずにその分だけ授業料を安くすることができます。



大手塾よりも10~15%ほど安い授業料で、大手塾の手が届かない、きめ細やかなサービスを提供することで勝算が出てきます。

おすすめ記事

3.拘束時間が限られていて、次の新規事業に取りかかりやすいから

はじめて事業を作るのに個人塾がオススメな理由の3つめは、「拘束時間が限られていて、次の新規事業に取りかかりやすいから」です。

・拘束される時間帯は平日の16:00~22:00

上でも述べた通り、塾の営業時間帯は基本的に16:00~22:00です。



1日24時間のうち、拘束されるのはたったの6時間だけです。



そのため、それ以外の時間は基本的に自由に使うことができます。


・午前中は新規事業の考案・リサーチに時間を使う

塾の経営が軌道に乗ってきたら、アルバイトは一切やめましょう。



代わりに、午前中は次なる新規事業の考案やリサーチに時間を使うことをおすすめします。



もちろん塾の経営もこれまで通り力を入れていきますが、年度変わりに生徒数が大きく減少するなど不測の事態がいつ発生してもおかしくはありません。



不測の事態が発生してから対処するのではなく、塾の経営が上手くいっているうちに「次の収入源」を作る準備をしていくのです。

・新規事業で利益を生むようになれば塾の経営も安定させられる

もしも新規事業が利益を生むようになれば、塾の売上や利益が多少落ちたとしても動じることがなくなります。



また、新規事業も塾同様に小さく始めれば、失敗したり利益を生まなかったとしても、塾の経営が上手くいっている限りカバーできます。



塾の経営が上手くいっているうちに次の新規事業に取りかかることは、「勝ち」か「大勝ち」の2択を選ぶことにつながります。

クロ塾長

もちろん、アルバイト講師を雇うなど塾の規模を拡大するのもいいでしょう。

ただ個人的には「1つの収入源を大きくする」よりも、「収入源を複数持つ」方がリスク分散されるのでおすすめです。

4.まとめ

今回のまとめです。

はじめて事業を作るのに個人塾がオススメな理由は、

1. 小さく始めることができるから

2. 「子どもの学習に対する悩み」はなくならず、常に一定のニーズがあるから

3. 拘束時間が限られていて、次の新規事業に取りかかりやすいから

クロ塾長

「塾」という教育サービスはこれからも決して枯れることのない、需要あるビジネスです。
起業家初心者の方はぜひ一度、検討してみてはいかがでしょうか。

それではまた。

登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次