MENU
登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

[怒りを起業するためのエネルギーに変える]会社をやめて塾を開業するきっかけは?

サラリーマン

個人塾を開業したいと思っているのですが、どうも踏ん切りがつかなくて会社をやめられません。

これ以上今の会社で働きたくないと思う反面、会社をやめて起業する勇気を出しきれずにいます。

会社から独立して起業する人たちは何をきっかけに会社を退職し、起業に踏み切れているのでしょうか。

クロ塾長

サラリーマンとして長く勤めていればいるほど、安定した立場を捨てて独立する決断がしにくくなり、そうした決断をするためには何かしら大きな「きっかけ」が必要になります。

その「きっかけ」は、ポジティブなものもあれば一見するとネガティブなものもあります。

こんにちは、クロ塾長です。



今回は、「[怒りを起業するためのエネルギーに変える]会社を辞めて塾を開業するきっかけは?」について書きたいと思います。



この記事を読むことで、こんなことが分かるようになります。

(結論)
1. 独立・起業するきっかけはポジティブなものでもネガティブなものでも何でもいい

2. 理不尽に対する「怒り」を起業するエネルギーに変えることで、ネガティブな感情がプラスの効果を生み出す

3. 「怒り」をエネルギー源に起業した人は苦境に強い

目次

1. 独立・起業するきっかけはポジティブなものでもネガティブなものでも何でもいい

はじめは「独立・起業するきっかけはポジティブなものでもネガティブなものでも何でもいい」ということについてです。

・起業する理由はポジティブ(前向き)なものの方がいい?

経営者や会社創業者による自己啓発書や雑誌のインタビューを読むと、「社会をよりよいものに変えたい」や「世の中の困っている人たちを助けたい」など、ポジティブ(前向き)な理由で会社を創業したり経営したりいているという内容のものが多いです。



確かにそうしたポジティブな想いを原点に事業を行う、ということは世間的には耳ざわりもよくウケがいいので、本音はさておきそうした発信をする経営者が多いのでしょう。



しかし実際は、決してポジティブな理由だけで全ての経営者が事業を創っているわけではありません。

・起業するのに崇高な理念なんかいらない

起業するきっかけは別に崇高なものでなくても、「金持ちになって異性にモテたい」や「自分をバカにしている奴らを見返したい」など極めて個人的なものでも構いません。



はじめは「金持ちになって異性にモテたい」や「自分をバカにしている奴らを見返したい」という理由でも、事業を成功させるためには結局他人の悩みを解決するビジネスをするところに行き着きます。



多くの人の悩みを解決する事業を行えば、ビジネスを起こしたきっかけはどうであれ大勢の人を救うことになります。


・成功者の起業したきっかけは意外とネガティブ(後ろ向き)なものが多い

現在東証一部に上場しているような大企業の創業社長でも、起業したきっかけは意外とネガティブ(後ろ向き)なものだったりすることがよくあります。



「9時-5時で働くのがイヤだから」や「朝きちんと起きれないから」、「他人に命令されて働くのに耐えられないから」などです。



ましてや中小企業の社長などはなおさらです。



「サラリーマン時代の会社の待遇に不満があった」や「サラリーマン時代の上司や先輩が無能に見え、『何でこんな奴らよりも少ない給料で働かなきゃいけないんだ』と憤りを感じた」など、会社員時代の不満が起業するきっかけになった元サラリーマンの経営者はとても多いと思います。

2. 理不尽に対する「怒り」を起業するエネルギーに変える

知り合いの経営者にも多かったのが、「理不尽に対する『怒り』がエネルギー源となって起業に踏み切れた」ということです。

・冷静に判断して「今、起業すべき」という段階まで入念に起業準備をする

「怒り」をエネルギー源にするといっても、感情にまかせていきなり辞表を出すなどということをしてはいけません。



会社からの自分に対する待遇への不満や、理不尽を突きつけてくる上司への怒りを心の中に持ちながらも、常に冷静さを保ちながら粛々と起業するための準備を行います。



会社勤めをしながら就業時間の前後や休日に起業準備を行うことは体力的に大変ですが、長年つもり積もった「怒り」を動力源にしてがんばります。



冷静に判断して「今、起業すべき」という段階まで入念に起業準備をするのです。

・「理不尽に対する怒り」の感情の爆発力で「安定を捨てる恐怖」を吹き飛ばす

冷静に判断して「今、起業すべき」という段階まで入念に起業準備ができれば、後は「会社をやめて起業する」という行動を起こすのみです。



しかしサラリーマン生活が長ければ長いほど、毎月安定して入ってくる収入を捨てて「起業」という不安定な立場をとることに恐怖を感じてしまいます。



起業したいけどできない人と実際に起業できる人との違いは、この「安定を捨てる恐怖」に打ち勝てるかどうかにあります。



この「安定を捨てる恐怖」を吹き飛ばすために、ここで「これまで会社からの理不尽に対する怒り」の感情の爆発力を利用します。



「自分はこのまま会社や上司からの理不尽な待遇を受け入れ続けて、人生の貴重な時間を費やしていっていいのだろうか」など、しっかり自分に問いかけます。



「いや、このままじゃダメだ。このやろう、やってやる!」と「怒り」を爆発させて起業を決断できれば、めでたく「起業家」の誕生となります。


・お世話になった上司・同僚には感謝を伝える

「怒り」の感情は起業するためのエネルギー源にはしてもいいですが、他人に向けてはいけません。



会社の中にはお世話になった上司や同僚もたくさんいるはずです。



そうした方々にはきちんと感謝を伝えましょう。



また理不尽な待遇や命令をしてきた上司や会社も、そうした上司や会社の存在があったからこそ起業に踏み切れたと考えられますから、「お世話になりました」と感謝を伝えて後腐れのないようにすべきです。


おすすめ記事

3. 起業後も「怒り」をエネルギー源にする

無事に会社をやめて起業した後は、ここでも「怒り」をエネルギー源に事業を進めていきます。

・「怒り」をエネルギー源に起業した人は苦境に強い

起業してしばらくは、当然ですが顧客も十分抱えているわけでもなく赤字が続きます。



起業してから自分一人が生活していけるようになる「損益分岐点」を超えるまでの赤字の期間が、起業家にとって最初の難関になります。



この苦しい時期を乗り越えるために役立つのが、やはり「怒り」のエネルギーです。



会社勤めの頃に理不尽な思いをし、「このやろう!」と一念発起して起業したものの、赤字が続いてこのままでは失敗に終わってしまう。



「本当にこのまま失敗してしまっていいのか。会社ではろくに出世できず起業しても失敗したら、自分は本当の『負け犬』になってしまう。このままじゃいけない!」と、不甲斐ない現状の自分に対する「怒り」をパワーに変えるのです。

・苦しいときほど「理不尽に対する怒り」を思い出す

起業初期の赤字の時期を乗り越えたとしても、苦しい時期は度々やってきます。



学習塾であれば、年度変わりの時期に上手く新入生を獲得できなければ新年度の経営は苦しくなります。



しかしそうした苦しいときほど、会社員時代の「理不尽に対する怒り」を思い出すのです。



今の苦しい時期を乗り越えることができなければ、また会社員に逆戻りです。



それどころか、会社員にすら戻れず一生アルバイト待遇に甘んじなければならないかもしれません。



このまま経営の苦しい時期を乗り越えられずに他人に雇われる生活に戻るのか、はたまた奮起して経営を立て直すのか。



会社員時代の「理不尽に対する怒り」を思い出しそれをエネルギーに変えて、経営を立て直すためにできることを片っ端から取り組んでいけば、必ず苦境は乗り越えられます。

・起業が成功すれば「理不尽な経験」がいい思い出に昇華する

経営の苦しい時期を幾度も乗り越えていくことができれば、気がつけばいつの間にか起業家としての「成功者」になっています。



起業家としての「成功者」になってしまえば、会社員時代の「理不尽な経験」は「あの経験があったから起業して成功できたんだ」と思えるようになります。



起業が成功すれば「理不尽な経験」がいい思い出に昇華するのです。

4.まとめ

今回のまとめです。

1. 独立・起業するきっかけはポジティブなものでもネガティブなものでも何でもいい

2. 理不尽に対する「怒り」を起業するエネルギーに変えることで、ネガティブな感情がプラスの効果を生み出す

3. 「怒り」をエネルギー源に起業した人は苦境に強い

クロ塾長

一度しかない自分の人生ですから、終わりを迎える頃に「自分の人生はいいものだったな」と思えるようにしたいですね。

今勤めている会社や周囲に対して不満があるサラリーマンの方は、ぜひ「怒り」をエネルギーに変えて起業することをおすすめします。

それではまた。

登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次