MENU
登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

[大学受験にはこの教材がベスト!]高校生向けの塾用教材 オススメ3選

サラリーマン

高校生向けの個人塾を作ろうと思っているのですが、おすすめの塾用教材はありますか?

クロ塾長

高校生は個人塾で指導しているところが少ないため、差別化するチャンスです。
良質な塾用教材を選ぶことで、高校生の生徒満足度を上げることができます。
今回はそんな教材をいくつかご紹介します。

こんにちは、クロ塾長です。



今回は、「高校生向けのオススメの塾用教材」について書きたいと思います。



この記事を読むことで、こんなことが分かるようになります。

(結論)
・数学は学校の問題集 + 白チャートがベストの組み合わせ

・英語は「高校新演習スタンダード」か「高校リード問題集」がオススメ

・「大学共通テスト過去問」は内容・コスパともに最強の問題集である

目次

1.おすすめの高校数学教材

高校生向けのおすすめの数学の教材は以下の通りです。

・個別指導なら白チャート


個別指導において数学が苦手な生徒から得意な生徒まで幅広くオススメなのが、数研出版から出ている「白チャート」シリーズです。



高校数学は基本的に予習中心で勉強することが求められます。



公立トップ校では教科書レベルの内容は生徒に家庭学習で予習して来させて、授業では応用レベルの問題だけ扱う、というところもあります。



高校生が自学自習で数学を予習するのに適した教材が、まさに「白チャート」シリーズなのです。


・ふだんの授業は白チャート、定期テスト前は学校問題集


塾のふだんの授業では白チャートを使用して学校の予習を進め、定期テスト前には学校問題集(4STEP、クリアー数学など)を使用すると、定期テストの得点アップにつながりやすくなります。


・集団授業なら「高校新演習スタンダード」シリーズがオススメ


集団授業でオススメの塾用教材は、株式会社エデュケーショナルネットワークから出版されている「高校新演習スタンダード」シリーズです。



こちらは小・中学生向けの「新演習」シリーズ同様、解答解説がていねいで生徒が家庭学習するときもスムーズに理解できるテキストになっています。



白チャートが例題パターンの確認をしやすい参考書なのに対して、「高校新演習」シリーズは基本問題から入試レベルの応用問題まで豊富な問題量を備えた実践的な問題集になっています。


2.おすすめの高校英語教材

おすすめの高校英語教材は以下の通りです。

・「高校新演習スタンダード」シリーズ


まずは数学でもおすすめしていた、株式会社エデュケーショナルネットワークから出版されている「高校新演習スタンダード」シリーズです。



基本的な文法を確認する「英語Ⅰ・Ⅱ」、より実践的な内容になっている「英語構文・長文」、入試対策演習中心の「英語Ⅲ文法編・読解編」と、高1~3まで段階的に指導することが可能です。



中堅国公立大学やMARCHなど難関私大レベルまで対応しています。


・「高校新演習プログレス」シリーズ


難関国公立大学や早慶上智など最難関私大を受験する生徒向けには「高校新演習プログレス」シリーズがおすすめです。


「高校新演習スタンダード」シリーズではカバーしていない高難度な知識もしっかり身につけることができます。


・「高校リード問題集」シリーズ


次におすすめなのが教育開発出版株式会社から出版されている「高校リード問題集」シリーズです。



コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱに対応した「英語Ⅰ・Ⅱ」、高校で学習する全文法内容をカバーした「英文法A・B」、大学入試レベルに相当する「英文解釈・長文読解」と、こちらも高1~3まで段階的に指導することが可能です。




おすすめ記事

3.大学共通テスト過去問

最後におすすめするのは「大学共通テスト過去問」です。

・大学共通テスト過去問は最強の問題集


大学共通テスト過去問は、ある意味「最強の問題集」といえます。



なぜなら、大学受験をする高校生のほぼ全員が受験する「大学共通テスト」の傾向がつかめるものであり、かつ大学入試において標準レベルの良問がぎっしり詰まっていながらも、1教科あたりわずか1,000円程度で購入することができるからです。

・高1の冬休みから大学共通テストの過去問演習を


高1の冬休みからは大学共通テストの過去問演習を少しずつ授業で扱うことがおすすめです。



高1の冬休みに生徒が解くことのできる科目は「数学Ⅰ・A」・「英語」・「国語(現代文)」です。



高1の冬休みに大学共通テスト過去問を解くことで、生徒たちは「2年後にこのレベルを解けるようになっていなければならないんだ」と、目標を具体的に認識できるようになります。



・大学共通テスト過去問は解答解説が詳細である


大学共通テスト過去問の最大の利点は、何といっても「解答解説が詳細に書かれている」ことです。



個別指導で使用する場合、生徒が間違えた問題を講師が解説するというよりも、生徒と一緒に大学共通テスト過去問の解答解説をなぞっていくなどして、生徒自身で解答解説を活用して自己解決できるように指導していくことがおすすめです。



生徒自身で解答解説を活用して自己解決できるようになれば、家庭学習でもどんどん大学共通テストの過去問演習を進められるようになるからです。


4.まとめ

今回のまとめです。

1.数学は学校の問題集 + 白チャートがベストの組み合わせである。

2.英語は「高校新演習スタンダード」か「高校リード問題集」がオススメ。

3.「大学共通テスト過去問」は内容・コスパともに最強の問題集である。

クロ塾長

高校生用の塾専用教材は、実はあまり多くありません。

その代わり、市販されているものでいい教材や過去問が多くあります。

まずは書店へ行って、大学受験コーナーでいろいろ見てみるのもいいかと思います。

それではまた。

登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次