MENU
登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

[中学生にはこの教材が最適!]個人塾で採用すべき塾用教材 中学生編

サラリーマン

中学生向けの個人塾を作ろうと思っているのですが、おすすめの塾用教材はありますか。

クロ塾長

中学生は個人塾においてメインターゲットとなる、重要な顧客層です。

良質な塾用教材を選ぶことで、中学生の生徒満足度を上げることができます。

今回はそんな教材をいくつかご紹介します。

こんにちは、クロ塾長です。



今回は、「個人塾で採用すべき塾用教材 中学生編」について書きたいと思います。



この記事を読むことで、こんなことが分かるようになります。

(結論)
・主教材、副教材、定期テスト対策用教材の3種類を用意する

・主教材は「新中学問題集」・「新演習」・「Sirius 21」シリーズがおすすめ

・教科書ワークは「Keyワーク」・「定期テスト対策ワーク」・「iワーク」シリーズがおすすめ

目次

1.中学生向けの教材は3種類ある

中学生向けの教材には、

  • 主教材 … 通年メインで使用するもの
  • 副教材 … 主教材の補足的な役割をするもの
  • 教科書ワーク … 定期テスト前に使用するもの

があり、どれも欠かせないものになります。

・主教材だけではいけないの?


塾で中学生を指導した経験がない方は「主教材だけじゃダメなの?」と思われるかもしれません。



答えは「ノー」です。



主教材だけでは演習する問題数が足りないため、類題が数多く掲載されている副教材が必要になります。

・主教材を補完する副教材

副教材は、

  • 計算トレーニング … 学年を飛びこえた計算の練習をするためのもの
  • 演習問題集 … 主教材に載っている例題に対する類題が充実しているもの
  • 漢字トレーニング … その学年で学習する漢字を練習するためのもの
  • 英単語帳 … 英単語を暗記するためのもの

など、主教材を補完するさまざまなものがあります。

そうした副教材を主教材に組み合わせることで、塾での授業や家庭において、生徒がよりいっそう効果的に学習することができるようになります。

・定期テスト対策に欠かせない教科書ワーク


また、定期テスト前には各学校が採用している教科書の内容に特化して定期テスト対策を行う必要があります。

そのときに欠かせないのが教科書ワークです。


教科書ワークは各教科書会社から出版されている教科書に準拠した内容になっており、教科書に出てくる問題の類題や応用問題などが充実しています。



高校入試に向けて必要な知識・問題が充実している主教材は、普段使用するには最高の教材ですが、定期テスト前については教科書ワークの方が学習効果が高まります。

2.おすすめの主教材・副教材

おすすめの主教材と副教材をご紹介します。

・新中学問題集シリーズ


最初におすすめするのは、教育開発出版株式会社から出版されている「新中学問題集」シリーズです。



主教材である「新中学問題集 標準編」は数十年に渡って日本全国の学習塾で使われ続けています。



副教材として「新中学問題集 演習編」があり、「新中学問題集 標準編」に完全連動した類題演習用のテキストになっています。

・標準新演習シリーズ


次におすすめなのが、株式会社エデュケーショナルネットワークから出版されている「標準新演習」シリーズです。



主教材の「標準新演習」は単元ごとに確認テストが付属されており、それぞれの単元の理解度を確認することができて大変便利です。



副教材も充実しており、類題演習用の「精選トレーニング」や英単語・熟語を暗記するための「ゲットスルー」など様々なニーズに対応するものがあります。


・Sirius 21 標準編 シリーズ


3つ目は、育伸社から出版されている「Sirius 21 標準編」シリーズです。



主教材「Sirius 21 標準編」は豊富な演習量を確保するだけの問題数があり、確認問題のパターン演習を実践することで、基礎の定着を徹底できます。



副教材「Jack 21 標準編」は主教材「Sirius 21 標準編」と連動しており、書き込み式の問題演習型教材となっています。

おすすめ記事

3.おすすめの教科書ワーク

・Keyワーク


はじめにご紹介するのが、教育開発出版株式会社から出版されている「Keyワーク」シリーズです。



教科書内容の完全理解を最優先したテキストで、定期テストでの得点力を養成します。



映像や音声による解説をARアプリから無料で視聴することができます。


・定期テスト対策ワーク


次にご紹介するのは、株式会社エデュケーショナルネットワークから出版されている「定期テスト対策ワーク」シリーズです。



学習指導要領の改定でこれまで以上に質・量ともにレベルアップした教科書内容を、コンパクトにわかりやすくまとめたテキストです。



確認テスト「チェック&トライ」で各単元の定着度をはかることができたり、教材サポートツールとして「定期テスト対策支援サイト」を使用し、定期テスト対策プリントを簡単に作ることができます。

・iワーク


 3つ目は、育伸社から出版されている「iワーク」シリーズです。



こちらも全国の学習塾で長年採用され続けている、信頼と実績ある教科書ワークです。



確認テスト「iワークプラス」が付属されており、単元ごとの理解度をチェックすることができます。



またi ワークを採用した塾の講師だけが利用できる会員制サイトも用意されており、さまざまなサポートツールが充実しています。

4.まとめ

今回のまとめです。

1.中学生用の教材は、主教材・副教材・定期テスト対策用教材の3種類を用意する

2.主教材は「新中学問題集」・「標準新演習」・「Sirius 21 標準編」シリーズがおすすめ

3.教科書ワークは「Keyワーク」・「定期テスト対策ワーク」・「iワーク」シリーズがおすすめ

クロ塾長

他にも良い教材はありますが、今回は長年多くの塾で使われ続けているメジャーなものをご紹介しました。

これらの教材を基準にして、さらに良いものがないか検討するといいのではないでしょうか。

それではまた。

登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次