MENU
登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

[脱サラ・個人塾開業するタイミングはいつ?]会社を辞めて独立する前に準備しておきたいこと

サラリーマン

会社員生活がつくづく嫌になりました。

できるだけ早く会社を辞めて独立したいのですが、どこまで準備すれば脱サラしていいタイミングになるのでしょうか。

クロ塾長

独立・起業希望者が脱サラするタイミングは人によって様々ですが、成功する可能性をある程度高めてから脱サラするのがベストです。

かといって、どれだけ準備しても成功の可能性は100%にはならないので、慎重になりすぎてはいつまで経っても脱サラできません。

こんにちは、クロ塾長です。



今回は、「会社を辞めて独立する前に準備しておきたいこと」について書きたいと思います。



この記事を読むことで、こんなことが分かるようになります。

(結論)
・独立・起業だけが現状を打破する手法ではない

・自己資金が尽きるまでが勝負と考えることが大事

・「ここで開業してダメなら仕方ない」と思える物件が見つかれば塾開業のタイミング

目次

1.独立・起業以外の道も検討してみる


会社員を辞めて独立・起業したい人の多くが、今勤めている会社の人間関係や労働環境、給与面での待遇に不満があるゆえに脱サラを希望しているのだと思います。



そしてその場合、不満や悩みを解決する方法は独立・起業すること以外にもいくつかあります。

・会社に異動願いを提出する


現在の職場の人間関係が嫌になっている場合、会社に異動願いを提出して他部署へ異動することで悩みが解決されます。




大企業の場合、部署が変われば「会社が変わった」くらいのインパクトがあるほど、部署や上司によって風土が異なることがよくあります。

クロ塾長

私の場合は会社からの辞令で異動となり、それによって労働環境が悪化したことがきっかけで独立に踏み切りました。(笑)

そういうこともありますが、何かしら変化があると刺激になるのでいいことだと思います。

・転職活動をしてみる


転職活動をすることで、今の自分を一歩引いて見ることができるようになります。




今の自分が持っている実務経験やスキルが、労働市場でどのくらい評価されるのかが分かります。




もし自分が持っている実務経験やスキルが通用しそうな会社が見つかって、その会社の給与条件が今の会社の労働環境や給与待遇よりもいい場合、実際に面接を受けてみればいいと思います。




また自分の実務経験やスキルだと今の会社と同等かそれ以下の待遇の会社しか見つからない場合は、「今の自分だと今の待遇くらいが相場なんだな」と納得することができます。

・副業をしてみる


副業を始めてみることで、さまざまなものを得られるようになります。




副業といってもアルバイトをするのではなく、あくまで自分のビジネスを始めます。




例えば(土)(日)が休みの人なら週末だけの家庭教師サービスを始めてみる、などです。




家庭教師サービスなら経費はホームページのレンタルサーバー代とドメイン代くらいなので月1,000円くらいです。




もし数人でも生徒が見つかればあっという間に利益が積み上がっていくので、金銭面での現状の不満が解決されます。




また「自分のビジネスを所有している」という意識が芽生え、副業で小さいながらも経営者としての誇りを持つことができるので、今の会社で多少嫌なことがあっても平気でいられるようになります。

クロ塾長

私もはじめは週1日だけレンタルスペースを借りて、副業として学習塾を開きました。
そしてその経験が脱サラ・個人塾開業に生かされました。
今の会社から独立する前に、副業として試してみることは本当におすすめです。

2.自己資金の範囲内で勝負する


次のポイントは「自己資金がどのくらい貯まっているか」です。

・他人のお金に頼ると自由ではなくなる


いくら脱サラして塾を開業したいといっても、先立つもの(=お金)がなければ始まりません。




自己資金がないからといって銀行から融資を受けたり、投資家など他人からの資金援助に頼る形で独立・開業すると、何かしら制約・制限を受けてしまうことになるので、それはおすすめしません。




本当の意味で自由な働き方を手に入れたいのであれば、他人のお金に頼らずあくまでも自己資金の範囲内で起業することが望ましいです。


・あらゆる出費を想定する


塾開業のために必要な自己資金を考える上で大事なことは、「あらゆる出費を想定する」ことです。




起業後にいちばん最悪な状態は「想定していた金額以上に出費してしまい、資金がショート(枯渇)する」ことです。




起業準備の段階で、起業後に必要なあらゆる出費を想定して自己資金を用意し、決して「こんなはずではなかった」と起業したことを後悔するような事態だけは避けるようにしましょう。




必要な資金というのは、塾を開業後に生徒が集まらず経営していくことが難しくなった場合に、撤退するときにかかる出費も含まれます。




おすすめは、自己資金の範囲内で開業から撤退までを完結できるように想定して資金を準備することです。



クロ塾長

腕のいい経営者ほど、攻める(新規事業に参入する)ときも速いですが逃げる(撤退する) ときはもっと速く、上手に逃げます。

はじめての塾開業でたとえ失敗しても人生は続きますから、次のチャンスにまたトライできるよう、借金だけ残る撤退などの致命傷だけは避けましょう。


おすすめ記事

3.「ここで開業してダメなら仕方ない」と思える教室物件が見つかればGo!


さて、1の独立・起業以外の道を検討し、2の自己資金の範囲内で開業するシミュレーションができれば、いよいよ個人塾開業までのカウントダウンです。




自己資金の許容する範囲内の家賃で、かつ自分の理想の教室イメージに近い教室物件を探します。


・理想の物件を探しながら経験とお金を貯める




まずはインターネットで店舗物件専門の賃貸情報サイトを見てみたり、開校したい地域が決まっていればその地域を歩き回って空き物件を探しましょう。





そこで「ここで開業してダメなら仕方がない」と思えるくらいの理想の物件に出会えるまでは、根気よく資金を貯めながら待ち続けます。




待ち続けている間に副業をしていれば経験もお金もさらに貯まっていくので、ぜひ副業を始めることをオススメします。



・物件が見つかってもすぐには契約しない


そうしてついに自分にとって理想の教室物件が見つかったとします。




それでもすぐに契約しないようにしましょう。




なぜなら、その物件が不動産業者のセールストークなどによって実際よりも良い物件のように思えている可能性があるからです。





よく「恋は盲目」といいますが、資金も貯まってとにかく早く脱サラ・塾開業したいあまり、物件選びに対しても盲目的になってしまうことがあります。




しかし教室物件は一度契約してしまうと移転するのはかなり大変なため、はじめの教室物件選びで冷静に判断することができなければ、せっかくの塾開業も失敗する危険性が高まってしまいます。




人生はじめての起業を、本当にこの物件でチャレンジすべきなのかを何度も何度も検証すべきです。


・「成功しそう」より「失敗しにくそう」な物件を選ぶ


物件選びの最後の判断基準は「ここなら成功しそうだ」と思える物件よりも「ここなら失敗しにくそうだ」と思える物件を選ぶことです。




ちょっと抽象的で分かりづらいかもしれませんが、例えば「いいな」と思える物件が2つ見つかったとします。




1つ目は最寄駅から徒歩5分、きれいなテナントビルの5Fで自分の想定していた教室の広さよりも床面積が広いのですが、スケルトン(コンクリート打ちっぱなしの状態)のため内装費や家賃が想定よりも高くなってしまう物件。




2つ目は最寄駅から徒歩15分、木造2階建ての小さな物件の1Fの路面店舗で、少しボロい印象はあるがギリギリ居抜きで内装費をかけなくて済む、家賃が想定よりも安くおさまる物件。




1つ目はまさに「ここなら成功しそうだ」と思える物件であり、2つ目は「大成功はしないかもしれないけど、家賃も想定より安いし失敗しにくそうだ」と思える物件です。




はじめての塾開業で選ぶべきなのは、いうまでもなく2つ目の木造物件です。

クロ塾長

大手塾に勤務していたころ、大手塾の教室も大小さまざまな教室があり、それぞれの教室の経営状態も知ることができました。

そこで分かったことが、きれいなテナント物件の教室が必ずしも生徒を集めているわけではなく、むしろ「こんなので大丈夫?」というくらいボロボロのテナントの教室の方が生徒もわんさか集まっている、ということでした。

4.まとめ

今回のまとめです。

1.まずは「本当に自分は独立・開業したいのか?」を確かめるため、部署異動や転職を検討してみる

2.脱サラする決意が確認できたら、副業をしながら開業資金を貯める(融資はアテにしない)

3.開業資金の範囲内で勝負できそうな優良物件を見つけたら、「脱サラへGo!」のタイミング



脱サラして起業するのはもちろんリスクが伴います。





しかし、この世で何かしらリターンを得るためにはそれに相応しいリスクを取らなければなりません。





はじめて塾を開業する方にとって、今回ご紹介した方法はできる限りリスクを抑えた、適正なリスクをとってのチャレンジの仕方であると思います。

クロ塾長

起業せずに後悔している人は多くいますが、起業して後悔している人を私は知りません。

人生は1度きりですから、「塾を開業したい」と思っている方はぜひチャレンジしてみるべきです。

それではまた。

登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次