MENU
登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

塾開業後にあった不思議な出来事[経営者あるある?エピソード]

こんにちは、クロ塾長です。



今回は、これまでと少し趣向の違う記事を書きたいと思います。



この記事を読むことで、

  • 塾の経営には浮き沈みがあること
  • 経営者としての軸をブラさないことの大切さ
  • 塾を経営していると常識では考えられないようなこともたまにある

ということがお分かりいただけます。

クロ塾長

今回お伝えする内容は、普通のサラリーマンの方なら「えっ、ホント!?」と疑いたくなるようなお話かもしれません。

実際に私もサラリーマンの頃には経験したことがなかったですから。

でも自営業の方や会社経営者の方なら結構、「そうそう、分かる!」とうなずいてもらえることだと思います。

目次

1.ある日、売上の半分が吹き飛んだ

よく、会社経営者は神社などにお参りしたり占いをするのが好きだといわれています。



これはなぜかというと、経営者はどれだけベストを尽くして仕事をしても、ビジネスにはどうしても浮き沈みがあるからなんだと思います。



サラリーマンの方達ももちろん仕事が上手くいかないこともありますが、だからといってお給料が0になったりマイナスになることはないでしょう。



しかし、経営者は収入が0だったりマイナスになったりすることは珍しくありません。



というか、経営者なら誰でも経験することです。



何せ、起業したての頃は売上0で経費が出ていくばかりな訳ですからね。



今回お話しするのは、私が塾を開業して1年目の、売り上げがようやく損益分岐点にギリギリ到達した頃のことです。

生徒数は当時10名にも満たないくらいで、さらにこれから集客していきたい時期であると同時に、無名の個人塾に少数でも通ってくれていることに感謝しながら毎日指導にあたっていました。



当時通っていただいていた生徒の中で、中学受験を小6から始めたAくんという男の子がいました。



Aくんは中学受験の準備ということもあり、かなりの講座数を受講してくれていて毎月のお月謝もそれに応じた高額なものでした。



どれくらい高額かというと、Aくん一人で売り上げ全体の約半分を占めるくらいです。

そんなAくんですが、これまで家庭での学習習慣というものがなく、塾の宿題をまともにしてこれず、毎回の授業では何とか宿題をしてもらうべくその必要性を説いていました。



どれだけ高額な授業料をお支払いいただいても、どうしても授業以外で自主的な努力をしてもらわなければ、小6から始めた中学受験で第一志望校に合格することは難しかったからです。



しかしそんなある日の午後、Aくんの父親から塾に電話がかかってきたのです。

2.誠意ある対応を、でも軸はブレさせない

父親「おたくの塾の方針がウチとは合わないので、今日限りで辞めさせてもらいます。」



私「どのようなところが合わなかったのでしょうか。

  やはりAくんの宿題についてですか。」



父親「そうです。

   ウチの子は家で勉強する習慣がないので、宿題が出されない塾に行こうかと思います。」



私「そうでしたか。

  ですが、6年生から中学受験を成功させるにはどうしても家庭学習が必要なんです。

  きちんとご説明させていただきますので、一度お父様とAくんと私とで面談させてもらえませんか。

  それでご納得いただけないようでしたら、退塾のお手続きをさせていただきます。」

父親「うるせえ!

   たかが塾だろうが!

   テメエは黙って客の言う事はいはい聞いてりゃいいんだよ!」

   ガチャッ!!




烈火のごとく怒り出し、何とAくんの父親に電話をガチャ切りされてしまったのでした。




はじめてのことでしばらくは呆然としていました。




Aくんの宿題については何となくスルーして気持ちよく塾を続けてもらうこともできましたが、その先に待ち受けているのは「不合格」です。




生徒の成績を上げたり合格させるのが塾の役割である以上、自己保身でそんな対応をする方が不誠実だと思います。




翌月からこれまでの売上の約半分が見込めなくなってしまい、また赤字に逆戻りしてしまいましたが、それでも顧客に不誠実であるよりはマシだと割り切り、これからまたがんばって生徒を集客していこうと決意しました。

おすすめ記事

3.普段鳴らない電話がその日に鳴った

Aくんの父親からのガチャ切りにあった、その日の夜のことです。




プルルルルルッ




と教室の電話が鳴り、出てみると、




問い合わせ客「あのー、体験授業を受けたいんですけど…。」




と新たに体験授業の申し込みがあったのです。




普段、電話が鳴るようなことは滅多になく、鳴ったとしても広告営業などの業者からの電話くらいです。




問い合わせの電話やメールなんかはほとんどやってきません。




話を聞いてみると、3人兄妹で全員入塾を検討しているとのことでした。




後日、体験授業を済ませて見事全員入塾となりました。




3人合わせた分の月謝はなんと、ちょうどAくんの月謝金額と同じくらいだったのです。

売上の約半分が吹き飛ぶ退塾電話があった同じ日に、兄妹3名の入塾につながる問い合わせ電話があったことは、今考えても本当に不思議です。



その後も多少の浮き沈みはありましたが、徐々に生徒数は増えていき現在も健全に塾を経営することができています。




今回の一件があってから尚いっそうのこと、塾経営者としての軸をブラさずに塾の運営を続けることを大切にするようになりました。

まとめ

今回の内容をまとめると、

  • 塾の経営をしていると、ある日突然売上の半分が吹き飛ぶこともある
  • どんな理不尽なクレームをいただいても、経営者としての軸をブラさず誠意ある対応をすることが大事
  • 「捨てる神あれば拾う神あり」。世間は自分が思うよりも意外にしっかりと見てくれている。


と、まあこんな感じでしょうか。

クロ塾長

個人塾の開業をしようとしている人には、売上が急に激減するリスクがあるということと、逆にしっかりと塾の経営に向き合っていれば思いがけない天の助け(?)もあるということを知っておいてもらえればと思います。

これから個人塾を開業する人にとって、何かしら参考になれば幸いです。




それではまた。

登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次