MENU
登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

[未経験でも大丈夫?]塾講師未経験者が塾を開業するときのメリット・デメリット

こんにちは、クロ塾長です。

今回は、塾講師未経験者が塾を開業するときのメリット・デメリットについて書きたいと思います。


サラリーマン

塾を開業したいと思っているけど、そもそも塾講師としてアルバイトもしたことがありません。

それでも上手くいくものでしょうか。

クロ塾長

結論を申し上げますと、塾講師の経験の有無と塾を開業して成功するかどうかはほとんど関係ありません。

塾講師を未経験だからこそ、これまでの常識にとらわれない教育サービスを提供することができ、大成功をおさめるケースもあります。

塾業界未経験者としてのメリット・デメリットをよく理解し、メリットを最大限生かした開業をすれば、きっと上手くいきます。

目次

1.はじめは誰でも未経験者である

大手塾でも塾講師1年目の新卒社会人や大学生のアルバイト講師が多数活躍しています。



塾業界は他業種に比べてサービス残業が多い割に低賃金であるため、離職率も非常に高いです。



また、大学生のアルバイト講師は就職活動などの関係で、大体2年くらいでほとんどが塾のバイトを辞めてしまいます。



そうした理由から大手塾といえどもバリバリのベテラン講師ばかりということではなく、常に一定の割合で「未経験者」が働いているのです。


塾講師未経験とはいえ自分でリスクを取って塾を開業した場合は、そうした大手塾の「未経験者」とは覚悟が違います。



塾オーナーとして自分で自分を雇うわけですから、オーナーである自分にとって理想の従業員(塾講師)となるように自分を磨いていけばいいのです。

2.未経験者だから持っている開業時のメリット

塾講師未経験者だからこそ、塾開業時に有利になる点は以下の3つです。

  • 塾業界の慣習に染まっておらず、先入観がない
  • 塾を運営する大変さを知らないため、勢いでカバーできる
  • 前職(他業界)の知識・経験を生かせる

①塾業界の慣習に染まっておらず、先入観がない

塾講師未経験者はそもそも「塾業界」のことをあまり知りません。



そのため塾業界の長年の悪い慣習などにも染まっておらず、変に先入観を持っていることもありません。



そしてそこが生徒や保護者にとっては却ってフレッシュな印象を与えることがあり、人気を博す場合がよくあります。



誰でも同じ業界・同じ業務をしていればマンネリになったり、傲慢になったりすることがあります。



そしてそれが接客業の場合、お客様に悪い印象として受け取られてしまうことがあります。



塾講師未経験者はそうした心配がないことは大きなメリットといえます。

②塾を運営する大変さを知らないため、勢いでカバーできる

塾講師未経験者は塾を運営するときの大変な部分を知りません。



長く塾講師をしてきた人なら思わず「うっ…!」となるような出来事でも、何も知らない未経験者はその勢いで簡単に乗り越えてしまう、というようなことがよくあります。



「知らない」ということは、ものすごい武器になるのです。


③前職(他業界)の知識・経験を生かせる

塾講師は未経験の人でも、前の職業や業界についての知識や経験は何かしら持っているはずです。



例えば前職で営業をしていた人であれば、どうすれば商品が売れるかのテクニックや、見込み客を惹きつけるトーク術があることでしょう。



webデザインなどIT系の仕事をしていた人は、インターネットでの集客に強かったり魅力的な看板・広告チラシをデザインできます。



これはどちらも、塾講師としてしか働いてこなかった人と比べて、圧倒的に優位な点です。



なぜならば、学習塾というのは「生徒を集めてナンボ」の商売だからです。



特に開業したての時期は、実績がないため口コミによる集客はできません。



看板や広告によって宣伝し、どうにか問い合わせを呼び込むしかないのです。

クロ塾長

私は塾講師の仕事しかしてこなかったので、開業当初は集客に苦労しました。

ド素人の看板・広告・ホームページデザインしかできず、ただひたすら教室で問い合わせが来るのを待つ他なかったからです。




このように自分の武器となるスキルやメンタルを自覚し、それを目一杯活用することで塾講師経験者よりも有利になることができます。

おすすめ記事

3.未経験者が補うべき開業時のデメリット

塾講師の仕事をしたことがない方が学習塾を開業する場合、デメリットとなるのは以下の3点です。

  • 学校・受験に関する情報に乏しい
  • 成績を上げる指導法が確立できていない
  • 生徒や保護者との接し方が分からない

①学校・受験に関する情報に乏しい

塾講師未経験者は近隣他塾のベテラン講師達と比べると、当たり前ですが地域の学校についての情報や入試情報の知識が全くありません。



生徒や保護者と面談時などで話をするときにそうした専門知識を持っているのといないのとでは、生徒・保護者の講師に対する信頼度が大きく変わってきます。



開業する前に、まずは地域の中学・高校・大学受験情報をリサーチして頭に叩き込んでおくことが大切です。



入試情報・要項は各学校のwebサイトを見れば分かりますし、公立高校入試の情報は各都道府県の教育委員会のホームページに掲載されています。



また、書店へ行けば中学・高校・大学受験案内が¥2,000前後で購入できますので、それらを元に情報収集しておくことをおすすめします。



②成績を上げる指導法が確立できていない

これも当たり前ですが、塾講師未経験だと「こうすれば確実に成績が上がる」という指導法など持ち合わせていません。



開業後、問い合わせが来て生徒に体験授業を受けてもらえる段階になったときも、経験のなさから自信が持てずドキドキだと思います。



しかし、これらは講師自身の「情熱」でカバーすることができます。



所詮「授業」は生徒と講師の人対人のコミュニケーションです。



教える側に経験が多少なくとも、溢れる「情熱」は生徒に確実に伝わります。



自分で塾を開業するほどの「情熱」を授業や進路指導の品質向上に変える努力を常にし続けていれば、生徒や保護者はついてきてくれます。

③生徒や保護者との接し方が分からない

保護者や生徒のタイプは様々で、各タイプに応じて接し方や話し方・話す内容を変える必要があります。



これは営業や接客の仕事をしていれば同じことがいえると思いますが、やはり営業する相手や接客する相手のタイプを判断し、適切な営業トークや接客トークを繰り出すには、どうしても経験値が必要になってきます。



これをカバーするには、できる限りの理論武装と「誠意」の伝わる接し方をすることが大切です。




塾講師は「勉強のプロ」として生徒・保護者に専門的なアドバイスを提供する必要があり、特に保護者からは高い専門性を求められます。




保護者面談前にはその面談で質問されそうなことを予め予習しておくなど、現時点でできるMAXの理論武装をして臨むことが必須です。




また、どれだけ理論武装して臨んでも経験の浅さは見破られてしまいます。



ですから知らないことは素直に認め、後日調べてからあらためて報告するなどの「誠意」の伝わる接し方をすることも大切です。

まとめ


塾講師の仕事をしたことのない人が塾を開業するときのメリット・デメリットについて、ポイントをまとめると以下の通りです。

  • 塾業界の慣習や常識に染まっていないため変な先入観がなかったり、前職のスキルが活用できるのは有利である。
  • 「勉強のプロ」としての知識や指導力の欠如はデメリットであるため、全力で補うべきところである。
  • 授業や面談の前にはしっかりと予習してから臨み、常に「誠意」の伝わる接客を心がけることが大切である。
クロ塾長

塾講師未経験者の方は「未経験なのに開業したい」ほどの強烈な動機や情熱がきっとあるはずです。

人間はメンタルが重要な生き物なので、そうした強い動機・溢れる情熱で開業に臨めば、どんな試練も乗り越えられるはずです。

ぜひ地域の塾業界に新しい風を吹かせてください。

それではまた。

登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次