MENU
登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

[経験者は有利?]大手塾講師経験者が塾を開業するときのメリット・デメリット

こんにちは、クロ塾長です。

今回は、

サラリーマン

塾を開業するにはやっぱり、大手塾で正社員として働いた経験がある人の方が有利なんですか?

という質問に答えていきます。

クロ塾長

確かに一見すると大手塾で正社員(講師)を経験してる人の方が有利に感じられます。

しかし、有利な点(メリット)と同じくらい不利な点(デメリット)もあります。

デメリットを補いメリットを最大限活用すれば、大手塾経験者の方ならきっと塾開業に成功するはずです。

目次

1.大手塾講師はあまり独立・開業しない

大手塾で正社員として働いた後、独立して個人塾を開業する人というのは、実はあまり多くはありません。


私は首都圏を主戦場とする某大手進学塾に正社員として10年間勤めました。


その塾(会社)は正社員だけでも当時2000名ほど在籍していましたが、独立して個人塾を開業した人というのは、実際には数名しか聞いたことがありません。

サラリーマン



大手塾でバリバリ教えることができてるなら独立を考えそうなのに…。

その理由は、後から述べる「大手塾講師経験者が陥るデメリット」にあります。

2.大手塾講師経験者が持つ開業時のメリット

大手塾講師経験者の開業時のメリットは以下の通りです。

  • 塾業界の常識や知識がある
  • 指導法が確立している
  • 生徒や保護者の扱い(接客)に慣れている

①塾業界の常識や知識がある

大手塾では入試制度の変更や各学校の内申基準など、塾での指導に必要な最新の情報が「これでもか」というくらい入ってきます。


ですから大手塾に勤めている人は他業界の人と比べて、基本的にこれらの塾業界の常識や知識が圧倒的に多いといえます。

②指導法が確立している

管理職を除けば、大手塾で講師をしている人は業務の三分の一以上が「授業」です。


なので毎日数時間ずっと生徒に教え続けていることになり、「こうすれば成績は上がる」という指導方法が必然的に確立されています。


受験指導というものはある種、職人的な技術を求められる部分があるため、これは経験者の最大のメリットといえます。

③生徒や保護者の扱い(接客)に慣れている

生徒と一口で言っても、小学生と中学生、高校生ではずいぶんと適切な接し方が異なります。


また、生徒個々人の性格によっても正しい接し方が異なるため、これも毎日大勢の生徒を相手にしている大手塾講師の方はノウハウを持っているといえます。

保護者とのやり取りについても、ある意味で業界独特のものといえるため、こちらも未経験者と比べると大手塾講師経験者は圧倒的に有利です。

おすすめ記事

3.大手塾講師経験者が陥るデメリット

では、大手塾講師経験者が陥りがちなデメリットとは何でしょうか。


それは以下の通りです。

  • 塾を運営する大変さを知ってしまっている
  • 心理的な参入障壁を擦り込まれている
  • 広告・宣伝業務には未経験であり弱い

①塾を運営する大変さを知ってしまっている

大手塾の講師の仕事をしていると、塾講師としての仕事のやりがいも知っていれば大変さも嫌というほど知っています。


そのため、

サラリーマン

大手塾の中のいち講師としての仕事がこんなに大変なんだから、個人塾なんか開こうものならもっと大変なんだろうな…。

と考えてしまいがちです。


大手塾講師は会社の歯車となって働かなければならない場面も多く、会社(上司)の指示と生徒・保護者の要望の板挟みになりながら、その中で心身のバランスを取りながら日々を過ごしていることが多いです。


個人塾を開業した場合、サラリーマンと違って収入の保証はなくなり、上手く経営していかなければ赤字になるなど、確かに大変なところはあります。


しかし自分が経営者であるため、自分の意思に反する働き方をしなくてよくなりますから、そういった部分では大手塾講師よりもはるかにストレスなく働くことができます。


また、大手塾では会議や研修などが平日午前中や土日に多くあり、休みが少なく長時間勤務であることがほとんどです。


個人塾を開業すればそうした会議や研修などがなくせるので、短い時間で効率的に働くことができます。


②心理的な参入障壁を刷り込まれている

大手塾講師は塾講師としての自分の仕事には自信と誇りを持っていますが、心のどこかで、


サラリーマン

こうして生徒たちが教室に通ってくれているのは大手塾の看板があるからであって、自分一人ではこうはいかないんだろうな。

個人塾を開業しても、知名度も信頼性もないからきっと生徒は集まらないよ…。


と思っていることが多いです。


これは「優秀な人材には会社に居続けてもらいたい」という大手塾会社の思惑によって刷り込まれているところもありますが、大半は大手塾講師自身が自ら思い込んでしまっていることが原因です。


しかし、どんな大手塾もはじめは小さな個人塾だったのであって、知名度も信頼性もなかったはずです。


そこから創意工夫を凝らし、合格実績を積み上げ、現在のブランド力を少しずつ育んだのです。


生徒集客は大手塾でも個人塾でも共通かつ永遠の経営課題であり、頭を悩ませているのは同じです。


しかし「大手塾は有名だから安心できる」というご家庭がいる一方で、「個人塾の方が面倒見良さそうだから安心できる」というご家庭もいらっしゃいます。


大手塾には真似できない「面倒見の良さ」や「融通の効きやすさ」を打ち出すことができれば、そうした顧客層を勝ち取ることができます。


③広告・宣伝業務は未経験であり弱い

大手塾講師はそれぞれ専門分野(指導科目・担当業務)があることがほとんどで、専門外のことについては実は自信がない人が多いです。


指導科目や中・高・大学受験を幅広く経験している人でも、広告・マーケティング戦略や看板デザインまで網羅している人は皆無です。


そのため、

サラリーマン

塾を開業するには看板のデザインや広告チラシを決めたり、自分の専門分野以外にやるべきことが多すぎる。
専門科目の指導には自信があるけど、広告・宣伝はやったことないから無理だよ…。


と、個人で塾を開業するときに肝心な、「集客」のための広告・宣伝業務について自信が持てません。


しかし大手塾講師というのは様々な塾生・保護者向けの書類を作成したり、授業や保護者会で分かりやすく図解で説明するなど、ビジネスマンとしての基礎はできています。


また塾講師は基本的に勉強が得意で今の仕事に就いている人も多いため、学習能力は高い場合が多いです。


やったことのない広告デザインやチラシデザインなども、書籍などを参考にしながら時間をとって学べば、一定以上のクオリティのものができるはずです。


大手塾に在籍している間にそうした勉強をしておいて、ある程度「これだ!」と自信が持てるものができれば、個人塾開業に踏み切るタイミングです。

まとめ

大手塾講師経験者が塾を開業するときのメリット・デメリットについて、ポイントをまとめると以下の通りです。

  • 業界の知識や塾運営のノウハウを持っている大手塾講師経験者は、未経験者に比べてやはり有利である。
  • 大手塾ブランドに対する過信や思い込みから心理的な参入障壁を刷り込まれているのはデメリットである。
  • 広告デザインやマーケティング戦略などの未経験業務を独自に勉強し、補うことができれば個人塾開業スタートの合図である。
クロ塾長

私も大手塾講師を経験してから個人塾を開業しましたが、やはり心理的な参入障壁を取り除くのに大変苦労しました。

しかしいざ思い切って開業に踏み切ったときには、大手塾勤務の経験が大きなメリットとなって塾経営に生かすことができました。

この記事が、「個人塾を開業したい」と思っている方の参考に少しでもなれば幸いです。


それではまた。

登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次