MENU
登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

[年収400万円でも年間100万円は貯められる]サラリーマンが個人塾の開業資金を貯める方法

こんにちは、クロ塾長です。

今回は、

サラリーマン

塾を開業するには、まず何をすればいいですか。

という質問に答えていきたいと思います。

クロ塾長

塾の開業準備は色々とありますが、その中でも特に重要なことがあります。
それは「開業資金を用意する」ということです。

ということで、開業準備の第一歩である「お金を貯める」についてまとめました。

(結論)

その1.個人塾を開業するために準備する目標額は300~500万円

その2.年収400万円でも年間100万円は貯められる

その3.お金の貯め方

目次

その1.目標額は300~500万円

個人塾を開業するために必要な資金は、ざっくり言って300~500万円あれば十分です。




自宅で開業するなど教室家賃を気にしなければ、もっと少額でもOKです。




ですが、おすすめは「きちんと教室物件を借りて塾を始める」ことなので、それを前提として書いていきます。

サラリーマン

貯金なんかしたことがないし、今も通帳には10万円くらいしか入っていません…

クロ塾長

私も本気で「塾を開業する」と決意するまで、貯金は0でした。
でも、意識すれば誰でも貯金はできるようになりますよ。

目標額を仮に「400万円」に設定したとします。




次はその目標額を「いつまでに」貯めるかを考えます。




年間50万円ずつ貯めるなら8年、100万円ずつなら4年、200万円ずつ貯めればたったの2年で達成します。



今まで貯金をしてこなかった人が貯金するにはハードルが高い金額です。



が、どうせ財務体質を改善するなら一気にガラッと変えることがおすすめです。

その2.年間100万円は貯められる

例えば額面で年収400万円の方は、手取りは大体300万円くらいでしょう。



毎月通帳に振り込まれる給与(源泉徴収後)が20万円、ボーナスが夏と冬に30万円ずつ、という感じでしょうか。



そのくらいの収入でも、独身の場合だとがんばれば年間100万円は貯められます。



実際に私もサラリーマン塾講師をしていた頃の年収もそれくらいでした。



が、「お金を貯める!」と決意してからは年に100万円ずつ貯まっていきました。



毎月5万円ずつ貯金して年間で60万円、ボーナスからは20万円ずつ貯金すると年2回で40万円、合計でちょうど100万円です。



これまで月20万円で生活してきた人は「月15万円で生活するなんて…」と思うかもしれません。



しかし、そもそも手取りで月15万円で生活している人はたくさんいますし、ボーナスをもらっていない人も世の中にごまんといます。



確かに上を見ればキリがなく、同じ会社に勤める上司や同僚で年収600万円も700万円ももらっている人もいるでしょう。



一流の優良企業に勤める同級生は年収1000万円を超える猛者もいるかもしれません。




「何で自分は年収がたったの400万円なんだ…」と卑屈になりたくなる気持ちもよく分かります。

クロ塾長

私も、転職してきた後輩が2年目でなぜか自分よりも給与が高かったり、同期が家庭を持っているという理由だけで自分よりもはるかに給与が高かったことを知って、かなりショックを受けた記憶があります。

その後輩は、転職してくる前の給与が高かったため、会社のルールに従って転職後の給与基準も引き上げられたそうです。



また、家庭を持っている同期は「家族手当て」が支給されていて、こちらも会社のルール上の理由でした。



会社には会社の都合があり、今のあなたの給料が決定されています。



決してあなたの能力が低いせいだったり、やる気がないと評価されているわけではありません。



しかし、明らかに経験や実績があるのにそこが十分に評価されていなかったり、同じ業務をこなしているのに自分だけ対価が低いのは、誰でも納得行かないと思います。



そんな場合は、今の会社にいてもこれ以上大幅な収入アップは見込めないと判断して、「自分で稼ごう!」と決意すべきです。



自分で稼ぐ、そのための準備期間として「月15万円で生活する」のです。

4年間がんばれば開業資金の400万円が貯まりますが、得られるのはそれだけではありません。



「月15万円で生活する」という倹約の習慣が身に付いているのです。



塾を開業してからは「資金が尽きるか、それまでに生徒が集まるか」の戦いが待っています。



ということは、資金が尽きるのが遅れれば遅れるほど、損益分岐点に達する生徒数を確保するための時間が長く取れるので、その勝負に勝ちやすくなります。



倹約の習慣が身に付いていれば、余計な生活費で大切な開業資金が削られることがなくなるので、資金の減りが鈍くなります。



また、開業時にかける設備費や内外装費、家賃に至るまで全て「倹約の目」で判断できるようになるので、さらに余計な資金の流出を防ぐことができます。




これから生活コストを下げてお金を貯めるだけで、開業資金だけでなく「鉄壁の防御力」まで手に入れることができるのです。

おすすめ記事

その3.お金の貯め方

では、具体的なお金の貯め方についてです。



お金を貯める方法についてはさまざまですが、私のおすすめは以下の通りです。

  • 固定費(家賃・スマホ料金)を可能な限り下げる
  • 飲み会に参加しない
  • 会社の休日に副業をする

固定費(家賃・スマホ料金)を可能な限り下げる

まずは固定費、特に家賃スマホ料金を見直すところから始めます。



学習塾の経営において、理想とされる教室家賃は売上の20~25%といわれています。



これを将来の塾経営者であるあなたの、現在の収支に置き換えてみましょう。



月額手取り20万円であれば、適正な家賃は4~5万円になります。



独身一人暮らしであれば、東京都内でも探せば月4~5万円の賃貸物件はたくさんあります



また、都心から少し離れた首都圏郊外なら、月3万円台でも結構条件のいい物件が見つかります。



月収の25%以上を家賃に費やしているという方は、できるだけ早く適正な家賃のところに引っ越しましょう。



スマホ料金についても、3大キャリアの高額プランを契約しているなら、一刻も早く格安キャリアに乗り換えましょう。



格安キャリアの格安プランなら、月々のスマホ料金が1000~2000円くらいで大体収まります。

クロ塾長

私は楽天モバイルの1年間無料キャンペーンに申し込んで1年間はスマホ代が無料でした。

現在は毎月だいたい1,000円前後です。

ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアと契約している方は通信状態の悪さなどを心配されるかもしれません。



が、電波の悪さが気になったことは1度もありません。(これはあくまで私個人の感想ですが)




仮に家賃を2万円下げて、スマホ代を1万円下げられたとすると、あっという間に毎月3万円が残ります。



家賃を下げて住居のグレードを下げたところで「住めば都」、すぐに快適に感じられます。




また、スマホ代が下げたところで不便に感じる要素はおそらく0です。

クロ塾長

倹約をするときにまず固定費を見直すことは基本中の基本です。

生活レベルが下がる実感が湧きにくく、継続しやすいので本当におすすめです。

②飲み会に参加しない

次に「交遊費」を見直します。



基本的に「会社の飲み会」や友人との「お店での飲み会」には出席しないことです。




2020年3月以降はコロナ禍で店内での飲酒自体が厳しくなっているので、「交遊費」を見直すには最高の状況です。




会社の飲み会など、お店での飲み会は1回参加すると1次会だけで4000~5000円が飛んでいきます。




さらに酔ってつい楽しくなってしまい、2次会も参加するとさらに5000~10000円くらい平気で出費してしまいます。



こんなことを月に何度も繰り返していては、お金が貯まらないのは当たり前です。


サラリーマン

そうは言っても、会社の飲み会は中々断り辛くて…。
もし断って上司や同僚との関係も悪くなって仕事に影響が出たらと思うと心配です。

クロ塾長

その気持ちは本当によく分かります。

私も自分の気が弱い上に、トップダウンの激しい会社だったので飲み会を断るのがものすごく大変でした。

これについて重要なのは、


飲み会には参加しないというキャラクターを作り、社内に浸透させる


ということです。




一度、「アイツは飲み会には何がなんでも参加しないヤツなんだ」ということが社内に浸透すれば、飲み会の参加を断ってもカドが立たなくなります。



キャラが浸透するまでは大変ですが、「鉄の意志」を持って断固として飲み会には不参加を貫き通すことです。



その代わりに、勤務中に仕事に向かう姿勢や成果で、周りを納得させるくらいのアピールをしていきましょう。



また、上司や同僚に対して、決して敵意や不満があるわけではないこともしっかり言葉で伝えておきましょう。

クロ塾長

「飲み会には参加しない」という自分の希望を上司や同僚に誤解のないように伝え、その希望を押し通すには、交渉力や流されない力が必要になります。
そしてその力は、塾を開業して経営者になったときに必ず役立ってきますから、この機会にぜひ身につけておくといいですよ。

また、友人との飲み会は誰かの自宅で飲む「宅飲み」に限定して参加しましょう。



気心の知れた友人であれば、「店での飲み会には参加しないことに決めたんだ」と素直に伝えれば理解してくれるはずです。



もしそれが言いづらかったり、理解してもらえなければ、その友人とはその程度の付き合いだったと割り切って距離を取りましょう。



恋人はなおさらのこと、将来結婚をすることを前提に付き合っているのなら、倹約することに賛成してもらいましょう。



「将来は立派な塾の経営者になって必ずあなたを幸せにするから」と誠意を持って伝えれば、本当にあなたとの将来を見据えている相手ならわかってくれるはずです。


もし賛成してもらえないようなら、金銭的な価値観が大きく異なるとおそらく結婚しても上手くいかないでしょうから、お互いのためにも早めにお別れしておくのがいいでしょう。

③会社の休日に副業をする

最後は「休日の過ごし方」の見直しをします。



一般的なサラリーマンなら1ヶ月に休日は6~8日くらいだと思います。



この休日を「お金を使う」ために過ごすのではなく、「お金を稼ぐ」過ごし方に変えるのです。

サラリーマン

休日まで働いたら、体を壊すんじゃないでしょうか。

確かに、休日にアルバイトをするなど普段の会社勤めと同じ「雇われて働く」のは体を壊す危険があるのでおすすめしません。



そうではないお金の稼ぎ方、つまり「自分がオーナーになる働き方」をするのです。



言いかえると「休日だけ個人事業主」です。



何の事業をするか?



もちろん「学習塾」です。



「週に1~2日だけの学習塾」です。



コロナ禍の現在では、小学生から高校生まで学校でも習い事でもオンライン授業を受ける機会があるため、子どもたちはオンライン授業に慣れています。



また、保護者の方達にもオンライン授業の利便性が浸透しています。



ですから、オンライン授業限定、週1~2日限定の学習塾を始めるのです。



「coconala(ココナラ)」などのクラウドソーシング/スキルシェアサービスを利用して始めるのも手軽でいいかもしれません。



ですが、おすすめはやはり「自分で塾のホームページを作って集客する」ことです。



ホームページを作る、ブログを書く、SNSを活用して宣伝する、などITの力をフル活用して全力で集客すれば、1人でも興味を持ってくれるお子様や保護者様が現れます。



そしてそのたった1人に全力でアプローチし、無料の体験授業を受けてもらいます。



その結果、気に入ってもらえて入塾になれば、こんなに嬉しいことはないはずです。



これは体験しなければ伝わらないかもしれませんが、会社員として雇われて働く働き方と、自分のビジネスをする働き方では「疲れ方」が全く異なります。

クロ塾長

私はサラリーマン塾講師をしていた頃、休日に副業としてレンタルスペースを借りて学習塾をしていました。
平日も休日も「子どもたちに勉強を教える」という、全く同じ業務をしていましたが、なぜか副業をすることで身体中にエネルギーが満ち溢れてくるようになりました。
人間って不思議ですね。

副業として学習塾を始めれば、独立するときのいい練習になります。



もし上手く生徒が集められなかったとしても、ホームページを自分で作成するなどお金をかけない工夫をしていれば、大きな痛手にはなりません。



問い合わせをもらえるようにする、体験授業を受けてもらう、入塾をすすめるなど、副業として学習塾を立ち上げる中での全ての経験が、独立開業するときに大きな糧となります。



「いつか独立して学習塾を経営したい」と思っている方からすると、それらの経験一つひとつがジェットコースターに乗ったときのように刺激的で楽しいものに感じられ、気持ちをリフレッシュさせてくれるでしょう。



そんな経験ができる上に、もし1人でも生徒が集まれば臨時収入が入ってくるのです。



これはやらない手はないですよね。

まとめ

個人塾の開業資金を作る上での「お金の貯め方」について、ポイントをまとめると以下の通りです。

  • 目標額は400万円で、年間100万円貯めることを目指す。
  • 固定費をまず見直し、家賃は収入の25%以内、スマホ料金は月2000円以内に抑える。
  • 飲み会には参加せず、代わりに休日は副業として「学習塾」を始める。
クロ塾長

今回紹介した方法を実践すれば、開業資金を貯めながら将来個人塾を開業するときに失敗しにくい体質を作り上げることができます。
まさに「一石二鳥」とはこのことですね。

何事もまずは「やるぞ!」と決意し、素早く実行する。



成功している経営者は特に、「やる」と決めてから行動に移す速さが尋常ではありません。



これを読んだら、ぜひすぐに行動に移してみてください。



それではまた。

登場人物

クロ 塾長

年齢:40代前半
性別:男性
職種:塾オーナー・経営者

東京の大手塾に勤めた後、現在は独立して個人塾を経営している。
これまで20年近く塾業界を見てきた経験があり、これから学習塾を開業しようとする人に有益なアドバイスを提供している。

趣味:株式投資・筋トレ・水泳


サラリーマン

年齢:20代後半
性別:男性
職種:大企業に勤めるサラリーマン

会社を辞めて学習塾を開業したいと思っている。
しかし学習塾の開業方法が分からず、また勇気が足らずに独立するための一歩が踏み出せずにいる。

メンターであるクロ塾長にさまざまな質問をぶつけ、少しずつ個人塾開業に向けての準備を進めている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次